So-net無料ブログ作成
検索選択

1300年前の皇族の暮らし再現 平城宮跡資料館24日公開(産経新聞)

 奈良文化財研究所の平城宮跡資料館(奈良市)が平城遷都1300年にあわせてリニューアルされ、22日、報道陣に公開された。平城遷都1300年祭のメーンイベントが開幕する24日に再オープンする。

 奈良時代の宮殿内や役所を再現展示しており、正倉院宝物を模造した品々を並べるなどして皇族の書斎や寝室、居室などを設けた。ジオラマや出土遺物、映像を通じ、当時の平城宮の様子を体感できる。

 平城宮跡資料館は昭和45年に開館。約20年ぶりの改修工事のため昨年6月から休館していた。

【関連記事】
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿
奈良平城京に日本の源流を見る
指揮者の西本智実、谷村新司ら公演 秋に平城遷都1300年「音絵巻」
英皇太子がアフガン訪問 兵士を激励、攻撃開始後初
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<愛知5人殺傷>長男を簡易鑑定へ(毎日新聞)
日露首脳年内3回会談 領土問題 首相、9月に訪露(産経新聞)
<派遣法改正案>見直し求め労働者らが座り込み(毎日新聞)
不明3人か、遺体発見=愛知の資材置き場−放置車遺体と関連捜査・長野県警(時事通信)
JR富山駅、仮駅舎の利用開始=北陸新幹線工事で〔地域〕(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。